トリア・エイジングケアレーザーキットは肝斑でも大丈夫?

肝斑とはシミの一種で、紫外線や女性ホルモンのバランスのみだれ、ストレスなどが原因でできるものと考えられています。そのため、妊娠中やピルを飲んでいる時期にできやすくなるとも言われ、肌そのものよりも、体の内面を原因とするシミだという説が有力です。日本人は肝斑ができやすく、ケアの方法によっては濃くなってしまうこともあって、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

以前の美容レーザーは、肝斑を悪化させる可能性があるため、肝斑には使用しないほうが良いとされていました。一方、トリアのエイジングケアレーザーキットは最新のフラクショナルレーザーを使っていることもあって、肝斑のある肌にも使用することができます。ただし、肝斑の治療を目的に使われるレーザーではないため、肌全体のアンチエイジングのために使うのは問題ありませんが、肝斑を治す目的で使うということは適切ではありません。

肝斑をピンポイントで改善するということはできませんが、肌のターンオーバーを促進して徐々に若々しくしていく中で、肝斑が徐々に薄くなったり目立たなくなる、ということは期待できます。左右対称であることが特徴のひとつとされる肝斑ですが、非対称に現れる場合もあり、素人には肝斑かどうか見分けづらいのが事実です。気になるシミができたら皮膚科や美容外科を受診して、それが肝斑なのか診断を受けた後、フラクショナルレーザーによるスキンケアを行っても大丈夫か確認してから使用すると安心です。

最新の美容レーザーでアンチエイジングしましょう!